新築の建売住宅を購入した感想

神奈川県に住んでいますがアパートから思い切って新築の建売住宅を購入してもうすぐ20年がたちます。家を見つけたきっかけは週末に新しい家を購入すつために出かけていたときに偶然集合住宅の現地展示会をしていたのを見付けたことになります。
バスの折り返しを兼ねた駐車場を整備して新築の家を建てた場所なので道路から少し離れた場所にありました。当時は電車の駅が遠かったので交通の便が悪かったのが購入するときの心配事でしたが、数年後に近くに地下鉄の駅ができる計画であることになっていたので安心しました。家は道路に面していたり、奥まったところにありそれぞれ一長一短があり迷いました。道路に面した家は家事の時に消防活動が楽でしたが、駐車場は1台しか停めれませんでした。奥の家は駐車場が細長く縦列駐車ができました。道路に面していた方が隣の家と接する範囲がせまいのでこちらを選びました。
当時は住宅ローンを減らすために頭金を捻出するのにかなり苦労しましたが、貯金や保険を解約して何とか工面しました。初めて引っ越した時に一家の大黒柱になったことを実感できたことを今でも覚えています。

未分類
嵐の後の新築住まい

新築の家に住むのは実に20年ぶりだ。 最初の新築住まい経験は僕が小学生の時。実家が台風の大雨の影響で …

未分類
小学生の時に父が新築の家を建てました

私が小学生の時に父が新築で家を建てました。 家族で住む家のためにお金をずっと貯めていたようでした。 …

未分類
住宅建設で断熱性を高める意義

家を作るとなると、断熱材は案外大切です。なぜなら断熱材次第で、住宅の快適さも大きく変わってくるからで …