新築を建てた経験で思ったこと

“結婚をしたら新築を建てるというのが夢という人は多いですが、一生に一度しか建てられない家をどうやったら後悔しずに建てることが出来るのかがポイントではないでしょうか。たしかに、建ててみないと分からないというのはありますが、出来るだけ失敗しないように知識をつけるということは大事です。
家を建ててみて大事だと思ったことを紹介します。まず、家を建てる業者を決めると思いますが、いくつか候補をしぼって見積りを立ててみることが大事です。最低でも3社くらいは見積りを立ててください。1つしか見積りを立てないということは大変危険です。実際に、同じ土地に家を作るのでもそれぞれ金額や作り方が全然違いました。いくつかの業者を比べるということは絶対大事です。今は、共働きの家が多いのでお金に多少は余裕のある家が多いですが、若くて共働きだからといって何も考えずに家を建てるのは失敗の元です。ちゃんと買う家でどういう暮らしをしたいのか未来図を立ててから慎重に建てる事をオススメします。

未分類
嵐の後の新築住まい

新築の家に住むのは実に20年ぶりだ。 最初の新築住まい経験は僕が小学生の時。実家が台風の大雨の影響で …

未分類
小学生の時に父が新築の家を建てました

私が小学生の時に父が新築で家を建てました。 家族で住む家のためにお金をずっと貯めていたようでした。 …

未分類
住宅建設で断熱性を高める意義

家を作るとなると、断熱材は案外大切です。なぜなら断熱材次第で、住宅の快適さも大きく変わってくるからで …