家族で住宅展示場に行って決めた建設会社

10年ほど前に、実家を建て直すことになりました。父が建てた家は木造ですが、築20年で見た目にも内装に於いても、まだまだ建て直さなくても大丈夫だと思っていましたが、私が当時勤続6年目を迎え、収入の面でも安定してきたこともあり、私名義で家を新築しようとの話になったのです。
馴染みの建設会社もない為、どんな建設会社がどんな家を建てているのか、父・母・私の3人で、一駅離れた住宅会社の展示場へ見に行きました。
どれも100坪近い土地に建つような立派な家ばかりで、即今の家の土地に建つイメージが沸きづらいことはありましたが、鉄筋セラミックという新しい構造であることや、家を分割して工場で作り、現場で組み上げていくことで、短い工期で建つことなどから、ミサワホームに決めたのです。住宅展示場で、内容を紹介してくれた第一印象からとても感じの良い担当者が、その後も、最後まで担当してくれることになり、とても安心して打ち合わせなども出来ました。
建て売りの購入と違い、設計段階から一緒に考えていくことで、「自分の家」という実感が高まりました。
内装やドアの取手まで、細かく仕様を決めていく過程がとても楽しい時間でしたが、あれもこれも良いと思われる仕様を選んだことで、随分と高い金額になってしまいました。
約30坪の土地に、住宅展示場で見た家をコンパクトにした様な素敵な家になりました。お陰様で、その後も手直しすることもなく、快適な生活をさせてもらっています。

未分類
嵐の後の新築住まい

新築の家に住むのは実に20年ぶりだ。 最初の新築住まい経験は僕が小学生の時。実家が台風の大雨の影響で …

未分類
小学生の時に父が新築の家を建てました

私が小学生の時に父が新築で家を建てました。 家族で住む家のためにお金をずっと貯めていたようでした。 …

未分類
住宅建設で断熱性を高める意義

家を作るとなると、断熱材は案外大切です。なぜなら断熱材次第で、住宅の快適さも大きく変わってくるからで …