自分が生まれ育って、気にする事もなく、過ごしていた実家。生まれてから、引越しをする事もなかったので、20年以上当然のように住んでいた家。そして、結婚してから、初めて家を出ることになり、知らない土地での生活が始まりました。その後は、引越しで転々とし、それでも数年住めば、我が家となります。

結婚後は遠くに住む事が多かったので、実家には数年に一度の帰省です。そんな中、10年ほど前に実家の建て直しがありました。キレイな新築の家は、自分の実家の土地ではありますが、自分が生まれ育った家ではもはやありません。それでも、今はここが自分の実家なのです。

いつも不思議に思うのです。夢に出てくる家は、昔の家なのです。キッチンや居間がよく出てくるのですが、昔住んでいたままの雰囲気で出てくるのです。1度も今の新しい実家が出てきたことはありません。考えてみれば、新しい家は、1,2年に数日を過ごすだけの家ですので、思い出が無いのも当然です。自分の記憶の中には、ずっと古い昔の家の記憶しか存在していないのでしょう。夢の中でしか訪れる事の出来ない昔の家は、私の記憶の中にずっととどまっていてるでしょう。