小学生の時に父が新築の家を建てました

私が小学生の時に父が新築で家を建てました。
家族で住む家のためにお金をずっと貯めていたようでした。

何度も住宅展示場に行きましたし、どんな家がいいのかなど、子供の私の意見も参考にしてくれたのを覚えています。
私としては自分の部屋があればよかったので、特に意見をしたことはありませんでした。

学校を引っ越さなくてもいいように、家を建てる場所を考えてくれたのは嬉しかったです。
転校をするのは嫌だなと思っていたので、新築をした家からいつもどおり学校に通えたことは本当によかったです。

新築の家が出来上がった時を見たらすごく感動をしました。
こんなに綺麗なのかと思いましたし、社宅から引っ越しをしたので大きい家に感じました、し部屋も広くて最高でした。

新築の家を建てられるくらい仕事を頑張った父を素敵だなと思いましたし、私も父のような立派な大人になりたいなと新築の家を見て思ったのです。
すごく思い出に残っていますし、新築の家に住むことが出来て幸せでした。

未分類
嵐の後の新築住まい

新築の家に住むのは実に20年ぶりだ。 最初の新築住まい経験は僕が小学生の時。実家が台風の大雨の影響で …

未分類
住宅建設で断熱性を高める意義

家を作るとなると、断熱材は案外大切です。なぜなら断熱材次第で、住宅の快適さも大きく変わってくるからで …

未分類
念願の和風建築のマイホームが完成

主人と「そろそろマイホームが欲しいね」と話を始めてから 実際に、家が建つまでの道のりを思い返すと様々 …